早生みかん(興津早生)
起源・由来
昭和15年に宮川早生にカラタチを交配して得られた種子からの珠心胚実生である。
果実
やや扁平で、果皮の外観や厚さは中位。果汁は糖、酸ともに高く濃厚。早生温州としては遅くまでおくことができ、味が淡白になりにくい。