天狗みかん
起源・由来
幕末の頃に鹿児島の柚木氏が、果肉が紅色の文旦の種子をま蒔いて育てたものと言われている。
果実
400グラム前後、偏球形で果面は濃橙色で平滑。やや剥き難く、食味はやや淡白であり、独特な香りがある。