三宝柑
起源・由来
江戸時代、和歌山県において発生、柚の遠縁にあたると考えられる。名の由来は、紀州徳川家に献上の際、三宝に載せた為と伝えられている。
果実
大きさは200〜250グラム前後、果皮は厚く粗いが、もろく剥き易い。果肉は淡黄橙色で香気があり、風味は良いがやや淡白。特徴的な形をしているため、だるま柑と呼ぶ地域もある。