きんかん(ニンポウキンカン)
起源・由来
中国浙江省の原産、日本への渡来は1826年。
果実
大きさは12グラム前後、果皮は甘味と香気に富み、果肉の酸も少なく品質はきんかんの中で最高である。