福原オレンジ
起源・由来
千葉県の福原氏の園で、明治35年頃、柚にネーブルなど6種類を高継ぎし、異なる変異枝が出ているのを発見したのが始め。
果実
大きさは150〜200グラム前後、果皮はやや厚く、果面はやや粗い。果肉は柔軟多汁でオレンジ特有の香気を有し、甘味強く品質は良好である。