青島みかん
起源・由来
静岡県の青島氏の園にて、昭和16年頃、尾張温州みかんの畑で、芽条変異として発見された。
果実
大きさは130グラム前後、果汁は糖、酸ともに多く、風味濃厚で貯蔵性は良好。果皮の着色は遅く、12月中旬でも緑色が残る事があるが、果肉は比較的早く成熟している。